フリーランスの求人案件 > ディレクター(工程管理)のフリーランス、フリーエンジニア 案件・仕事

「ディレクター(工程管理)」のフリーランス 求人・案件・仕事情報が32件ヒットしました

制作ディレクターとはプロジェクトとして制作する対象物の責任を持つ立場、企画から立案、制作フェーズまで全般的に関わってまとめるためのポジションを言います。ディレクターに対してプロデューサーは経済的な視野に立つ立場であり、またディレクターといえば現場監督的なイメージが強く、ITの世界では主にWEBサイトやデザイン関係のディレクター職に携わる方が多いようです。 WEBサイトの場合はデザイナーやプログラマー、コーダーやSE等のスタッフをまとめ、プロジェクト全体の工程管理や品質管理を担当します。クライアントとの打ち合わせから要求をまとめ、現場に流し込みながらWEBサイトを完成まで導きます。ほとんどの場合掛け持ち進行になりますので、効率よくまとめるためのコツも大切です。WEBサイトの品質を高めるためには基本的なデザインの要素、イラストや動画コンテンツなどの詳細を把握していくことも大切です。 ディレクターはクライアントと開発現場との橋渡し的な役割が主になります、またスタッフ間のコミュニケーションを円滑にしたり、いかに情報を正確に伝えられるか、またどれくらい理解されているのかを確認することが大切です。

フリーランス・業務委託の案件情報に特化した当サイト「A-STAR フリーランス」を始め、Webクリエイターや中小企業に特化したもの、更にこれからインフラエンジニア、ゲームクリエイター、正社員や新卒など幅広いニーズに対して、それぞれの特化型求人メディアの運営を予定しています。これらA-STARメディアの最大の特徴は、エージェントが多重構造により獲得した案件は掲載を断っている点です。単価は登録者とクライアントで直接交渉を行なっていただいても構わず、A-STARが干渉することはありません。
多重構造の撤廃、つまりクライアント ~ フリーエンジニアの間に多数介在していた紹介会社・中間マージンを両者に還元することで、よりWIN-WINなIT業界の人材・案件流通マーケットを確立するため、フリーエンジニア、クリエイターの求人メディアの中でも異例な業務委託案件の「社名完全公開」と「参画プロジェクトの業務内容掲載」といった運用を行なっております。各業界・各契約形態に特化して自動で出し分けるA-STARの求人プラットフォームは、フリーランスのITエンジニアから、正社員のイラストレーターまで、様々な登録者がいます。