フリーランスの求人案件 > アートディレクターのフリーランス、フリーエンジニア 案件・仕事

「アートディレクター」のフリーランス 求人・案件・仕事情報が29件ヒットしました

アートディレクターとは、主に広告やグラフィックデザインなどの分野で視覚的な表現内容を計画し、実際に制作を監督する仕事です。クライアントの依頼内容や独自に企画された内容を達成するために素材や表現ツールを検討したり、画像であればその手法、文字であれば書体など様々な組み合わせを考え、デザイナーや各エンジニアの情報伝達をサポートしたり、実際に作業を逐次確認していくことが主なタスクになります。 IT系のアートディレクターといえばWEB系の仕事が主になります。WEBサイトの企画や構成、制作まで全般を統括する立場であり、アートだけではなくサイトの動きや運用まで携わるWEBディレクターを兼ねているケースも多く見られます。HTMLやCSS、javascript等の知識、クライアントから出されたデザインを的確に形にするスキルや、企画や提案についてもある程度のスキルが求められます。また制作を進行していく上で工程管理を含めたプロジェクトの管理能力も必須です。 ソーシャルプロジェクトやゲーム開発などの成長分野でもどんどん需要が増えている職種です。ユーザの印象を決定付けるインターフェースデザイン、コンテンツデザインまで幅広いスキルが求められます。

フリーランス・業務委託の案件情報に特化した当サイト「A-STAR フリーランス」を始め、Webクリエイターや中小企業に特化したもの、更にこれからインフラエンジニア、ゲームクリエイター、正社員や新卒など幅広いニーズに対して、それぞれの特化型求人メディアの運営を予定しています。これらA-STARメディアの最大の特徴は、エージェントが多重構造により獲得した案件は掲載を断っている点です。単価は登録者とクライアントで直接交渉を行なっていただいても構わず、A-STARが干渉することはありません。
多重構造の撤廃、つまりクライアント ~ フリーエンジニアの間に多数介在していた紹介会社・中間マージンを両者に還元することで、よりWIN-WINなIT業界の人材・案件流通マーケットを確立するため、フリーエンジニア、クリエイターの求人メディアの中でも異例な業務委託案件の「社名完全公開」と「参画プロジェクトの業務内容掲載」といった運用を行なっております。各業界・各契約形態に特化して自動で出し分けるA-STARの求人プラットフォームは、フリーランスのITエンジニアから、正社員のイラストレーターまで、様々な登録者がいます。