これは知っておきたい!!

クライアントとの契約

  • 仕事の断り方

    では面接の段階で相手に対して断りを入れるでしょうか? このような状況はあまり芳しくありません。面接前にしっかり話をしておかなかったのだろうか?とエージェントの立場にも影響します。あるいはエージェントに依頼が入って早急に探している、どのような方でもいいから連れてきて、このような内容もあり得ます。エンジニアのほうも急いでいるのであればマッチングすることもあるでしょう。 やはり無理かな?と聞かれた…

  • 面談のポイント

    まず面接官として出席する相手の立場ですが、人事担当者やシステム部署の長にあたる方がまず基本と言えます。 また他には参画する予定のプロジェクトマネージャーが同席することもやや基本と言えます。まずこの点をしっかり踏まえて、技術的な要素をしっかりアピールできるようにしておくこと、これもポイントの1つと言えるでしょう。 またフリーランスとはいえ面接は面接です、つまり一般的な注意事項もしっかり準備…

  • 面談の流れ

    まずイメージとしては、エージェントがすでに面識がある立場であり率先して紹介してもらえる、と言う感じがあります。 またそのような面接になることも多いようですが、クライアントによってはここからは1名でお願いします、と言われることもあります。 挨拶をして名刺交換を済ませます。 また名刺もエージェントが用意してくれることが多く、所属している人間としてはっきり身元がわかれば問題はありません。名刺…

3件見つかりました。 1~3件を表示

フリーランス・業務委託の案件情報に特化した当サイト「A-STAR フリーランス」を始め、Webクリエイターや中小企業に特化したもの、更にこれからインフラエンジニア、ゲームクリエイター、正社員や新卒など幅広いニーズに対して、それぞれの特化型求人メディアの運営を予定しています。これらA-STARメディアの最大の特徴は、エージェントが多重構造により獲得した案件は掲載を断っている点です。単価は登録者とクライアントで直接交渉を行なっていただいても構わず、A-STARが干渉することはありません。
多重構造の撤廃、つまりクライアント ~ フリーエンジニアの間に多数介在していた紹介会社・中間マージンを両者に還元することで、よりWIN-WINなIT業界の人材・案件流通マーケットを確立するため、フリーエンジニア、クリエイターの求人メディアの中でも異例な業務委託案件の「社名完全公開」と「参画プロジェクトの業務内容掲載」といった運用を行なっております。各業界・各契約形態に特化して自動で出し分けるA-STARの求人プラットフォームは、フリーランスのITエンジニアから、正社員のイラストレーターまで、様々な登録者がいます。